Author Archive

ヨガのイルカのポーズ

 

 

イルカのポーズは腕のたるみをひきしめるだけでなく、腹筋や足、背中など体全体に作用するポーズです。少し難易度の高いポーズですが、体を痛めないように注意しながら少しずつやってみましょう。

 
はじめのうちは「犬のポーズ」から入るようにするとやりやすくなります。四つんばいの状態からお尻を引き上げていき、同時に両腕、両膝を伸ばします。引き上げたお尻を頂点にしたA字型ができたら、これが犬のポーズです。

 
では、イルカの形に入りましょう。犬のポーズから肘を片方ずつ下ろし両手を組み合わせます。前腕で作った三角形の中に頭を下ろし、髪の毛の生えぎわを床にしっかりとつけます。これでポーズが完成しました。そのままヨガの呼吸をゆっくりと繰り返します。30秒から1分ほど静止し、息を吐きながら膝を下ろしてリリースします。

 
ポーズを作ったとき、頭に体重がかかりすぎると首を痛めます。肘・腕・組み合わせた手の3点でしっかりと体を支え、額は軽くつけるだけにします。このポーズで大切なのは、背中をピンと伸ばし、肩甲骨を開くことです。体が硬くて背中が曲がってしまうようであれば、膝を軽く曲げたり、かかとを少し上げたりしても構いません。

 
インナーマッスルを鍛えることができるので脂肪の燃焼に効果がありますし、その他にも頭痛、消化促進、リラックス効果などもさまざまな作用があるポーズです。ただし、肩、首に故障がある方は悪化させるリスクがあるので、膝を曲げ、腕や頭にかかる体重を軽減してください。

体育座りエクササイズ

 

 

腕についた振袖のような脂肪が気になる、という女性も多いようです。
腕についた脂肪はなかなか落としにくいと言われています。
ダイエットに成功をしても、腕の脂肪はすっきり落とすことができなかった、という人もいるようです。

 
腕の脂肪を落としてノースリーブの洋服を着たい、と思っている人におすすめのエクセサイズがあります。

 
それは、体育座りエクササイズです。

 
このエクササイズは、自宅でテレビを見ているときなどに簡単に行うことができます。

 
エクササイズの方法は、まず、体育座りをし、両手を後ろにつきます。

 
そして、ひじを曲げ、体を後ろに倒し、ある程度のところでまたひじを伸ばし元の体勢に戻します。

 
このときに、腕に刺激を感じるところまで曲げ、刺激が強いところでしばらくその体勢をキープしましょう。

 
これを、毎日10回~20回程度続けると良いようです。

 
急速に行うよりもゆっくりと刺激を感じながら行うと、より効果を実感することができます。

 
慣れないうちは、数回行っただけで腕が痛くなってしまった、という人もいるようですが、慣れてくると楽にできるようになります。

 
簡単にできるエクセサイズなので、腕の脂肪が気になる、という人は継続して行ってみてはいかがでしょうか。

後ろバイバイ体操

 

テレビなどのメディアでも紹介され話題を集めている後ろバイバイ体操をご存知でしょうか。
暖かい季節になってくるとノースリーブなどの腕周りを露出する服を着る機会も多くなってきますから、肉付きがよくなったり、たるんでしまった自分の腕周りに対する周囲の視線が気になる事もあるでしょう。
そういった場合にこの体操を継続して毎日行えば、ほっそりとした理想の腕周りに近づく事ができるでしょう。
その体操の方法についてですが真っ直ぐ気を付けをしたポーズを取り、体の脇に腕をつけて床や地面と平行になるように手の平を水平にします。
そして手の平の状態を維持したまま、肘が曲がってしまわないように気を付けながら腕を体の後方へ振り上げます。
この時に体の後方で最も腕を高く保てる位置で保持し、その状態で手の平でバイバイしている時の感覚で約30秒ほど振ります。

 
このやり方を毎日継続的に行う事で短期間で成果を出す方もいます。
ただしバイバイをする時に目一杯の力で行うと腕や肩に痛みが出る可能性があるので注意してください。
また慣れてくればゆっくりとしたスピードで手を振る回数を増やす事でさらに効果的になるでしょう。
腕周りに自信が無いのであれば一度この体操を試されてみてはいかがですか。

オフィスで出来る手のひらエクササイズ

 

 

エクササイズは自宅に帰ってから行うという方は多いですがオフィスでもちょっとした時間を利用して運動は可能です。
エレベーターを使わずに階段を使うなどちょっとしたことを気にするだけでも運動量はあがりますし、自然な動きであれば、周囲にダイエットをしていることを知られることもありません。

スタイルで気になる部分は人それぞれ違いがありますが、特に上半身を鍛えたい、美しい腕のラインを得たという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった場合はペットボトルの飲料などをダンベル代わりにして軽く腕を引き締めていくのも手軽に行えますので、ランチタイムなどを利用して行ってみるのも良いでしょう。

そしてより目立たなく行える方法では、座っているときも手の平をデスクにつけデスクを押すように腕を伸ばしていけば腕の筋肉を引き締めていくのに役立ってくれます。

さらに両手の平をしっかりくっつけて押し合うことも腕の筋肉を活性化させるのには役立ってくれます。

オフィスであっても、工夫することで運動を取り入れていくことはできますし、1日わずかの時間であっても毎日続けていくことで良い効果を得ることができますので、根気よく続けていきたいものです。

オフィスで出来るおしり浮かせエクササイズ

エクササイズをしなくてはというように感じていても、時間がなくてという事だったり、お金が厳しいからということでジムに通うというのを躊躇してしまう人も中にはいることでしょう。

 
もちろん、ジムに通うというのは、体を効果的に動かせる環境に自分自身を負うという事でも強制的に運動するという意味では効果的であるとも感じられます。

 
しかし一方でオフィスで自分自身が運動をする機会を持とうというようにも考えればそれも、非常に効果的な有意義な時間になるということを覚えておくべきです。

 
オフィスで簡単にできる方法というのは、椅子に座っている際に行うものです。

 
それは、脚を床につけて、空気椅子のような形で椅子に腰かけるというものなのですが、これがまた非常に負荷が大きく、スペースをほとんど取ることなく運動をするということができます。

 
会社内では、ずっとパソコンを使用した作業をしているということであれば、なおさらこの運動方法というのは長く続けられるというものにもなり、筋トレができるので、満足感も高くなります。

 
とくにポイントとしては、ほとんど見た目からするとトレーニングをしていないように見えて、実はひそかに行えるというところではないでしょうか。

たるみと脂肪が原因かも

 

 

最近、鏡を見て、なんだか自分の姿が丸く見える、昔にあっていた服が全然似合わなくなった、昔とシルエットが違うなどの悩みを抱えている人は多いかもしれません。加齢とともに誰でも体型は崩れてくるもの。しかし原因さえ取り除くことができれば、またかっこいい見た目はいくらでも取り戻すことができます。まずは自分の気になる部分、特に形が変わったと感じる体の部分をつまんでみてください。かなり多くつまめるようでしたら、脂肪によるたるみが原因なのかもしれません。諦めなくても大丈夫。その脂肪の部分を筋肉にかえましょう。最も簡単なエクササイズは、常に人目に晒すということです。わざと気になる部分が強調される服を着たり、ノースリーブや半ズボンなどを取り入れてみましょう。

 

 

人目に晒すことで自分の意識も変わり、自然と気になる部分に緊張感が生まれ、その部分の筋肉が活性化し脂肪を燃やすと言われています。これなら、エクササイズが苦手な人や忙しくて時間が取れない人でも簡単に取り入れることができます。また、お風呂に入ったときなど、体があたたまった時にマッサージすることで、血流が良くなり老廃物がたまりにくくなると言われています。1番よくないのが、気になる部分を隠してしまうと言うこと。その部分の緊張感がなくなり、どんどん脂肪が増える原因となります。意識を変えてスレンダーなボディを目指しましょう。

腕絞りリンパマッサージ

観察してみると、わたしたちは普段の日常の動作のとき、ほとんどが前腕を使っていることに気づきます。

 

その上の上腕、つまり肘から肩までは主に物を「押す」動作に使う筋肉なのですが、確かに日常で何かを力を入れて押すことは、それほどありませんよね。

 
上腕部に脂肪がつきやすく、たるみやすいのはこうした理由があります。

 

しかも、仕事で毎日パソコンに向かっていて、腕が同じ姿勢のまま長い時間を過ごす方は、血行がとどこおりがちになるため、脂肪がセルライトに移行してしまうことも多くなります。

 
脂肪もセルライトも、体液の流れを活性化させて新陳代謝を活発にすれば大きな改善がみられます。

 

筋力トレーニングで筋肉を強化することは一般的に血行の改善などに効果的ですが、特に女性は上腕部はもともと筋肉が少なく、鍛えづらい部位でもあるため、最初は外から刺激を与えることで活性化させましょう。おすすめはリンパマッサージです。

 
まず、手首から腕の付け根までさすりあげます。左右5~6回行います。次に上腕をつかんで、内側から外側へ向かって絞るようにさすり、そのあと肘から肩へさすりあげます。

 

このプロセスが腕絞りとか、雑巾絞りと呼ばれるマッサージで、たるみやむくみを感じる方はここを重点的に行いましょう。最後に脇の下をもみほぐします。

 

腕のリンパ液は脇の下に集まるので、脇の下のリンパ流がとどこおると全体の代謝が悪くなります。

 
入浴のあとなど、体の温まっているときに行うと効果的です。逆に、熱があったり、リンパに腫れがあるときは行わないでください。

たった1分で効果テキメン!二の腕シェイプアップ方法

 

 

通称「ふりそで」とも呼ばれる二の腕のたるみは実際の体重よりも肥満しているような印象をあたえてしまい、また実年齢よりも老けて見えてしまうというこまったものです。ダイエットや通常の運動で体重を落としたのに、どういうわけか「ふりそで」だけはそのまま…という悩みは多くの女性から聞きます。これを短時間で解消する方法をお教えしましょう。それは「ふりそで」を温めてあげることです。「ふりそで」を形成しているのはセルライトです。冬の寒いときだとわかりにくかもしれませんが、セルライトが溜まって層になっている部分はかならず体の他の部分よりもひんやりしているものです。

 

冷えている部分は代謝が落ちるため、なかなかセルライトが老廃物として排出されずに厚く溜まってしまうのです。セルライト部分の温度を上げるためには運動ではなく、物理的に外部から温めるのが効果的です。たとえば使い捨てカイロを二の腕の気になる部分の衣服に着けて温めるようにしてください。カイロを張る手間はたったの1分です。寒いこの時期に帰宅後や週末にこれを実行してセルライト部分に働きかければ、来年の夏にはノースリーブに自信をもって挑戦できます。寒いじきだからこそ実行しやすい方法です。ただし低温やけどには気をつけて行なってくださいね。

そのプヨプヨは脂肪じゃなくてセルライトかも

biyou03_m

 

ずっと気になっている体のプヨプヨとしたぜい肉。

 
ダイエットをしてもその部分だけなかなか痩せない、そんな場合はただのぜい肉ではなく、セルライトである可能性が疑われます。

 
セルライトというのは、増えてしまった脂肪に老廃物や水分がくっついて塊上になってしまった部分を指します。

 
セルライトは特別太っている人だけが持っているわけではなく、痩せている人でも少なからずできてしまいます。

 
人体に重大な影響をもたらすようなものではないものの皮膚がボコボコとして見た目が悪くなり、さらにはダイエットをしてもなかなか減らず、解消するには特殊なマッサージや食生活の改善も必要であるという厄介な症状です。

 
新陳代謝や血流の悪さなどで老廃物が滞ることが原因と言われ、知らず知らずにできているという場合がほとんどです。

 
長年放置すれば放置するほど解消しにくくなってしまいますので、日頃からマッサージをしたり、体を冷やさないように予防することが大切と言えます。

 
出来てしまった場合、マッサージ等での改善には長期間を要します。

 
少なくとも2~3ヶ月は気になる部分のケアを続けましょう。

 
ジョギングなどの有酸素運動で代謝と血流を改善すればセルライトができにくい体質になりますので、運動と組み合わせたケアは有効です。